導入事例のご紹介 安心だから使われています

ケース2 公立小学校での導入 PTAと学校が連携し、連絡網のあり方を全保護者に働きかける

あの 3.11 で電話連絡網の限界を痛感 FairCastを導入して良かった

東京都:麻布中学校・麻布高等学校 様

校務主任になる直前の2011年3月11日。当時、校長・校務主任は不在であったため、校務主任経験のある教諭と相談し、校内に残っている生徒を泊めることに決めました。その判断を、保護者に伝えようにも連絡がつかず、困り果てたことを良く覚えています。
あの震災で、保護者との情報のやりとりが重要だと痛感し、今後に備えなければならないと思い連絡網サービスの検討をスタート。今では保護者との連絡手段としてNTTデータのFairCastがなくてはならない存在になっています。

右:安藤先生

──FairCastを検討するきっかけになった出来事を詳しくお聞かせください。

2011年3月11日 東日本大震災当日の14時46分。
生徒は学期末試験が終わり、補習・補講の期間でした。受験向け講習やクラブ活動など、約400名が在校、教員は30名程しかいない状況でした。
生徒たちは校内のいろいろな場所に散在していたので、すべての生徒をグラウンドに集合させ、余震がおさまるまで待機させましたが、夕方になり寒くなってきたので教室に分かれて待機させることにしました。学年・クラス・出席番号・名前を書かせて、即席の名簿を作成したのですが、それを保護者に伝える手段がなく、ひとまず本校公式ホームページに掲載しました。

電話連絡網について、共働きの保護者も多く、日ごろから繋がらないなぁと不便さを感じていましたが、大地震による通信網の麻痺状態の中で、改めて難しいと思いました。

──FairCastはどのようにしてお知りになったのですか?

保護者との連絡手段について、他校はどうしているのかと、普段から交流のある開成中学・高等学校に聞いてみました。
すると、同校はFairCastというサービスを使っており、便利で初期投資もかからず、費用面でもお勧めだといわれ、興味を抱きました。

これまでにも、学校にはたくさんの類似サービスのDMが届いていましたが、広告付きのもの、責任所在が不明なもの、値段が掲載されていないもの、掲載されていても高額なものなどばかりで、採用に至ることはありませんでした。
一方、FairCastは開成さんが使っていて、「良い」と仰るならと、早速代理店を紹介してもらいました。

──FairCastのどのような点を気に入っていただいていますか?

非常時に、電話・メール・Faxと3か所に追掛送信される機能は、すごいと思います。
FairCastは、保護者の立場で必要に迫られ、身につまされた思いで出来たサービスだと聞いていて、儲けのためだけじゃない、というところにサービスの信頼を持ちました。
また、フィーチャーフォン(ガラケー)からもPCからも配信できるのがとても便利。私自身、自宅からも利用しています。

──導入にあたって工夫されたことを教えてください。

こうした新しい取り組みは、最初が肝心でした。どのように校内で浸透を図るかが課題となりました。そこで、まずは教職員に、利用者IDカードに従って登録してもらった上で、テスト配信を行い、FairCastを体験してもらいました。そのテスト配信の実施が、教職員にFairCastの良さを理解してもらうことに繋がりました。

続いて4月の保護者会で、担任から保護者(生徒)に登録用カードを配布してもらい、説明書通りに各自で登録するようにお願いしました。学校側は登録した個人情報に関知できないシステムであることも説明しました。すでに教員も実施していることなので、説明するのも難しくなく、新学期のタイミングで一斉に利用を開始できました。 保護者の中には、以前通っていた小学校や、兄弟姉妹が通う別の学校で利用しているなど、FairCastを知っている方も多く、導入はスムーズに進みました。

学校側では、個人情報に関知はしないのですが、未登録者は把握できるため、学期末や保護者懇談会の際に、担任を通じて登録をお願いしました。登録を忘れている方、サービスに疑問をもたれる方など様々いらっしゃいましたが、便利で使いやすく良いものだと浸透した今は、皆さん登録していただいております。

──大変だったことはありましたか?

学年が上がり、年度更新が大変でした。ただ、代理店さんがよくフォローしてくれたのでその点助かりました。
留学する生徒も毎年数名いるので、その生徒は利用停止にしておけば、復帰しても再登録の必要がなく、再開できるので便利ですね。

また、毎年年度初めに行うテスト配信は、とても重要です。新学年だけに配信するのではなく、全学年で実施しています。届かないといった事象を確認しておくことが重要です。

──最近、FairCastが役に立ったエピソードはありますか?

2年前の高校2年生の学年行事において、台風直撃の影響で、搭乗予定である飛行機の欠航が出発日の前日に判明しました。そのため学年主任からの要請で、高2生徒全員にその状況を報告し、集合時間の変更等を知らせて、事なきを得ました。追掛け連絡を使い、確実に対象者全員に連絡できたことが良かったと思っています。
ただ、「FairCastに頼り切らないように」ということも心掛けています。

FairCastを導入して、本当によかったです。

フェアキャスト事務局コメント

こうして、実際にご利用いただいている学校関係者の方にお会いできることを大変幸せに思います。一人残らず全員に伝えたい。伝えたことを確認したい。サービス開始から何年も経ち、多くの方々の想いに応えるサービスになっているのだと改めて実感させていただきました。
麻布学園様にお邪魔した時、たくさんの生徒さんとすれ違いました。皆さん、足を止めてご挨拶してくれました。その後、安藤先生より、FairCastの導入時に丁寧にステップを踏まれたというお話や、FairCastに頼り切らず教員・生徒達それぞれの考える力を大切にしているというお話を伺いました。進学校として有名な学校様ですが、勉強はもとより、個々を尊重し、普段からの行いを丁寧に送っている先生方の姿を見て、学生さんは学んでいらっしゃるのですね。

今後とも末永くよろしくお願いいたします。