フェアキャストご利用ガイド

ステップ1 サービスを知る フェアキャストってなに? 子どもたちと家族の「安心」を守る新しいしくみです。

  • フェアキャストのしくみ
  • 連絡の流れ
  • ご利用シーン

みんなに、まっさきに、つながる、伝わる。 フェアキャストのしくみ

メールだけじゃダメ!もっと迅速で、公平で、簡単な、フェアキャスト

肝心なときに正確な連絡が伝わらなければ、連絡網としての役割を果しません。
また、普段からご利用いただけるサービスであるからこそ、いざというときにもお役に立てる。
そんな仕組みが必要です。

現状の電話連絡網
  • ・全ての人に伝わるのに時間がかかる
  • ・情報が途中で変わってしまう
  • ・そもそも連絡網の作成が困難(個人情報の管理)
メール一斉連絡網
  • ・メールをあまり利用していない方のフォローができない
  • ・メールを送信したことで「伝わった」と解釈してしまう
  • ・メールアドレスがころころ変わってしまう

現状の連絡網には、多くの課題を抱えていました。
そこで、常に複数のメディア(メール・電話・FAX)に一斉伝達できる仕組みとして、
FairCast®が生まれました。

フェアキャストの特徴

1

メール・電話(音声)・FAXへの一斉連絡が可能です。受信イメージをご確認いただけます。

メールでの受信イメージ電話(音声)での受信イメージ クリックすると音が再生されますFAXでの受信イメージ

2 個人情報を安全な環境でお預かりいたします。
実際の番号やアドレスは、本人以外は閲覧することはできません。(個人情報保護に対応)
3 メッセージの送達確認をタイムリーに確認できます。
その上で、未確認の方だけを抽出し、再送することもできます。

通常連絡は、一番連絡がつきやすい連絡先1箇所に、追掛連絡は、複数の連絡先に連絡します。
情報レベルに合わせて幅広く活用できます。

1)通常連絡

一定時間内に関係者全員に周知が必要な情報
(例:下校時刻の変更連絡、学校行事のお知らせなど)
事前に利用者が登録した連絡先1箇所に対して、連絡配信をします。

2)追掛連絡

一刻も早く関係者全員に周知が必要な情報
(例:近隣の事件・事故に関する第一報情報など)
事前に利用者が登録した複数の連絡先に対して、順番に連絡配信をします。

  • ステップ1 サービスを知る フェアキャストってなに?
  • ステップ2 導入するには 導入はとってもカンタン